内科|渋谷リーフクリニック|渋谷区道玄坂

東京都渋谷区道玄坂2-23-14 道玄坂225ビル4F

道玄坂二丁目交差点すぐ

MENU

ご予約・お問い合わせはこちら

ご予約・お問い合わせはこちら

内科

内科系疾患に幅広く対応

内科系疾患イメージ

咳、痰、喉の痛み、発熱、腹痛、下痢、吐き気などの急性症状から、高血圧や、脂質異常症(高脂血症)、痛風(高尿酸血症)、糖尿病などの生活習慣病をはじめとする慢性疾患まで、幅広く対応いたします。急な体調不良や日常的に起こる症状の診察に応じますので、はっきりとした症状が出ている時はもちろんのこと、「調子が悪いのだけれど、何科を受診したらいいのかわからない」というような曖昧な場合や、健康上の不安がある場合もお気軽にご相談ください。

地域の皆様の“かかりつけ医”を目指します

体の調子が悪い時に多くの人が最初に受診する「内科」は、適切な医療を受けるための“総合相談窓口”としての役割も担っています。地域にお住まい・お勤めの皆様の“かかりつけ医”(ご自身・ご家族の日常的な診療、および健康管理をしてくれる身近なお医者さん)となれるよう、患者様に寄り添うようにしながら、優しく丁寧な初期診療(プライマリ・ケア※)をいたします。

※プライマリ・ケア
プライマリ・ケア(初期診療)とは、病気にかかった時に最初に受ける診療のことを言います。プライマリ・ケアはかかりつけ医の本分であり、患者様の全身状態を把握し、いくつもの診療科にまたがる包括的な診療をすることが要求されます。そして、専門的な医療が必要と判断されれば、しかるべき医療機関や専門医にご紹介いたします。

*会社や学校、市町村の健診(検診)などで、何らかの「異常」や「指摘」を受けた方の診療(アドバイス)も行っております。また健診センターなどでお受けになった人間ドックの結果に対するアドバイスも、専門医の立場から行います。
*高度医療や入院加療が必要と判断された場合には、症状や病態に応じて専門科を判断し、東京共済病院、東邦大学大橋病院、虎の門病院、東海大学東京病院、日赤医療センターをはじめ適切な医療機関へのご紹介を行います。

こんな症状はお早めにご相談ください

内科の主な診療内容

急性疾患
風邪、インフルエンザ、咽頭炎、扁桃炎、肺炎、気管支炎、胃腸炎(腹痛、下痢、吐き気)、尿道・膀胱炎 など
慢性疾患
生活習慣病(高血圧症、脂質異常症(高脂血症)、痛風(高尿酸血症)、糖尿病等)、貧血、頭痛、便秘症 など