内視鏡内科|渋谷リーフクリニック|渋谷区道玄坂|苦痛の少ない胃カメラ・大腸カメラ

東京都渋谷区道玄坂2-23-14 道玄坂225ビル4F

道玄坂二丁目交差点すぐ

MENU

ご予約・お問い合わせはこちら

ご予約・お問い合わせはこちら

内視鏡内科

当院での内視鏡内科

内視鏡内科イメージ

当院の内視鏡内科では、胃カメラおよび大腸カメラによる検査・治療を行っており、苦痛の少ない内視鏡検査により消化器病変の診断と治療をいたしております。

胃カメラとは

胃カメラ(上部内視鏡)は、細長いカメラによって食道・胃のポリープやがん、炎症などを調べるのに用いられる検査機器です。最近ではのど(咽頭・喉頭)の病気の発見にも役立っています。胃カメラ検査を定期的に受けておくことで、万が一胃がんになっていても早期発見の確率が飛躍的に高まります。特に、慢性萎縮性胃炎やピロリ菌感染のある方には、定期的な胃カメラ検査をお勧めしております。

苦痛の少ない胃カメラ検査

胃カメラ検査は挿入する場所(鼻か口)によって呼称が変わり、それぞれ経鼻内視鏡・経口内視鏡検査と呼ばれます。当院では、経鼻内視鏡と経口内視鏡のどちらも行っております。経鼻内視鏡は、鼻から胃へと挿入する内視鏡検査で、口から挿入する経口内視鏡に比べて嘔吐反射や不快感が少なく、比較的楽に行える検査と言えます。胃カメラ検査が苦手な方、ご不安が強い方、以前の胃カメラ検査で大変つらい思いをされた方に対しては、ご希望により鎮静剤(軽い静脈麻酔)を使用いたします。

検査の流れ
こんな症状には胃カメラ検査をお勧めします
胃カメラ検査で発見される消化器疾患

胃カメラは、以下のような病気の検査・診断に有効です。

大腸カメラとは

大腸カメラ(下部内視鏡)は、肛門から内視鏡を挿入し、直腸から盲腸までの炎症、ポリープやがん、潰瘍などの病変を調べるのに使われる検査機器です。他の検査では識別困難だった大腸の色調変化や粘膜面の変化をとらえることができるため、小さなポリープの発見も可能です。ご同意をいただければ、検査中のポリープ切除も適応の範囲内で行います)。また、原因不明の炎症や、がんを疑う部位が見つかった場合は、生検(ごく小さい組織片を摘まみ出し、顕微鏡などで詳しく調べること)のための組織採取を行います。

検査の流れ
こんな症状には大腸カメラをお勧めします
大腸カメラで発見される消化器系の病気

大腸カメラは、以下のような疾患の検査・診断に有効です。

カプセル内視鏡

当院では、カプセル内視鏡による大腸の検査も行っております。

カプセル内視鏡検査(大腸)

新たな大腸疾患の検査・診断機器として「大腸カプセル内視鏡」が2014年1月から保険適用になりました(適用には、制限があります)。ポリープの有無の確認など、大腸疾患の診断に使われます。一般的なカプセル薬の形状をしたカプセル内視鏡は、水と一緒に口から飲み込むだけの内視鏡検査です。カプセルは、腸管内部を通過しながら内蔵された小型カメラで写真を撮影していきます。大腸内で撮影した画像は、患者様の体に貼り付けたセンサを経由して肩にかけた記録装置に転送され、検査後、専門医が専用のコンピュータで解析し、診断を行います。麻酔が必要無く、放射線被ばくの心配もありません。当院では、この大腸カプセル内視鏡検査を行っております。

大腸カプセル内視鏡の特長
検査の流れ

ピロリ菌の検査

ピロリ菌の検査には、次のような内視鏡(胃カメラ)検査を伴う方法と、内視鏡検査を伴わない方法があります。

内視鏡検査を伴う方法

内視鏡で胃の粘膜を少し採取し、下記のいずれかの方法で検査します。

迅速ウレアーゼ法
ピロリ菌がもつウレアーゼという酵素の働きによってつくられるアンモニアの有無を調べます。検査を行ってから2時間後に結果が判明します。
組織鏡検法
胃粘膜の組織標本に特殊な染色を施し、顕微鏡でピロリ菌がいるかどうかを調べます。病理の先生に診断していただくため、1週間ほどかかります。
培養法
胃の粘膜を磨り潰し、ピロリ菌の発育環境下で5~7日間培養して判定します。ピロリ菌の薬剤感受性を調べる場合に行うことがありますが、一般にはあまり行われません。
内視鏡検査を伴わない方法

内視鏡検査を行わず、次のいずれかの方法で検査します。

尿素呼気試験
呼気(吐き出した息)を集めて診断する方法です。ピロリ菌がもつウレアーゼという酵素の働きによってつくられる二酸化炭素の量を調べます。除菌治療後の判定のために行うことが多い検査です。
抗体測定法
ピロリ菌に対する抗体が、血液や尿に存在するかどうかを調べる方法です。当院では血液検査で行います。
糞便中抗原測定法
糞便中にピロリ菌の抗原(細菌毒素や菌体成分)があるかどうかを調べる方法です。一番精度が高い検査ではありますが、便の採取が必要なためその場ですぐには検査が困難です。

※保険適応でピロリ菌の検査が行えるのは、胃・十二指腸潰瘍、胃MALTリンパ腫、特発性血小板減少性紫斑病(ITP)、ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎、早期胃がんに対する内視鏡的治療後の患者さんです。

ピロリ菌の除菌

ピロリ菌イメージ

ピロリ菌の除菌には、プロトンポンプ阻害薬(胃酸の分泌を抑える薬)と抗生物質を7日間服用します。プロトンポンプ阻害薬で胃酸の分泌を抑えておいてから抗生物質でピロリ菌を除菌するのです。服用終了後から約2ヶ月後以降に、除菌療法の効果を判定します。この方法による除菌率は、わが国では70~90%と報告されています。最初の除菌療法でうまくいかなかった場合は、違う薬を使って再度、除菌療法を行うことができます。この方法により、さらに90%以上の方で除菌が可能と言われています。この除菌により、感染期間が長きにわたっており、萎縮性胃炎の進んだ人でも発がんリスクを3分の1以下に減らすことが可能で、また30歳未満の若い世代なら発がんリスクをゼロに近づけることも期待できます。

当院の内視鏡システムに関して

富士フイルム社製の内視鏡システム(LASEREO)イメージ

当院では、富士フイルム社製の内視鏡システム(LASEREO)を採用しています。レーザー光源搭載の内視鏡システムは、2種類のレーザー光を使って4つの観察タイプを切り替えて使用することで、食道・胃・十二指腸・大腸の表層血管や表面構造をより鮮明に映し出し、早期発見に威力を発揮します